第6回 埼玉ロボットビジネス交流会

中島 宏 氏(ロボットタクシー代表取締役社長、DeNA執行役員)をお迎えし、
「自動運転×インターネットが生み出す新市場の可能性」
について講演いただきます。
また、具体的な連携、取引のニーズを持つ企業4社が登壇し、自社の事業と
ニーズについてプレゼンします。

 

【中島 宏 氏 ご経歴】
大学卒業後、経営コンサルティング会社へ入社。
200412DeNAへ入社。外部企業のIT戦略立案を担当後、広告営業部署のグループリーダーを経て、新規事業の統括を担当する社長室室長に就任。20094月執行役員兼新規事業推進室室長に就任。20119月執行役員兼ヒューマンリソース本部本部長。20155月より現職。 
自動車産業と、インターネット業界の融合により、21世紀型の新たなモータリゼーションの動きを促進すべく事業開発に望んでいる。

 

【プレゼン×マッチング登壇企業】
1 協栄産業株式会社
  (東京都渋谷区 資本金31億6,181万円)
エレクトロニクス商社兼ITソフト会社としての特徴を活かし、ロボット用部品供給、ロボットの開発・販売等を行う。AI・音声認識等ロボット用の技術やインフラロボットを保有しているパートナーを探している。

2 IDEC株式会社
  (大阪府大阪市 資本金100億5,600万円)
制御機器、安全機器に加え、LED
やAuto-ID,ロボット制御セルのような生産技術を有し、オートメーションをとりまく広範囲な技術や要素をトータルに考え様々な角度から最適な提案を行っている。

3 株式会社コスミックエムイー
  (埼玉県川口市
 資本金1,000万円)
 医療・電子機器の開発設計、製造、修理等を行う技術集団で、電子機器の心臓部に あたる電子制御部の開発を得意とする。その中でも回路設計及び組込ソフトウエア 開発においては多くの顧客から高い評価を得ている。

4 株式会社三次元メディア
  (埼玉県さいたま市 資本金5億1,580万円)
長年の課題であるバラ積みピッキングの課題を解決するロボット用3次元ビジョンセンサ専門メーカ。2011年の発売以来、新製品の開発と共に市場を開拓し、大手ユーザでの導入実績も多数保有している。今後は、FA商社様・SIer様と連携し、販路拡大を目指している。

 

お申込み

現在お申込の受付はしておりません

開催日程

開催日
2016/11/17 14:00 ~ 18:00
申込み受付期間
2016/10/12 16:00 ~ 2016/11/17 09:00

会場情報

会場名
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
会場連絡先
048-711-6870
会場住所
さいたま市中央区上落合2-3-2
地図情報

主催者情報

主催者名
埼玉県庁産業労働部先端産業課
担当者
宮武 潤平
連絡先(TEL)
048-830-3737
連絡先(メール)
a3760-04@pref.saitama.lg.jp